沖縄の相続に関する相談と弁護士のアドバイスを集めたサイト

  • ご相談は沖縄弁護士会まで
  • 平日 午前9時〜午後5時

「おきなわ相続119番」は沖縄弁護士会が運営しています。

*

誰が相続するの?

      2017/01/28

人が亡くなった場合に、誰が相続人になるのですか。相続人がその人よりも先に亡くなっていたらどうなるのですか。逆に、遺産分割をしている間に相続人が亡くなったらどうなりますか。

誰が相続人になるかは、民法で決めています。配偶者は、常に相続人となります(民法第890条)。それ以外の相続人には、順位があり、まとめると以下の表と図のとおりになります。

相続人 順位 内容
配偶者 常に 被相続人の夫や妻は常に相続人となります。
但し、死亡までに離婚していれば相続人にはなりません。
直系卑属 第1順位 子、子が死亡していれば孫が相続人となります。養子でも相続人になれます。胎児も生きて生まれれば相続人です。婚姻関係にない間の子も認知を受けていれば相続人になります。
直系尊属 第2順位 第1順位の相続人がいない場合は父母が相続人となり、父母が死亡していれば祖父母が相続人になります。実父母であっても養父母であっても相続人になります。
兄弟姉妹 第3順位 第1順位も第2順位もいない場合は、被相続人の兄弟姉妹が相続人となります。兄弟姉妹が亡くなっていれば、その子(甥や姪)が相続人となります。

被相続人よりも先に亡くなった相続人がいる場合は、その者の子や孫が代わって相続できます。このことを「代襲相続」といいます。ただ、代襲相続できるのは、直系卑属と兄弟姉妹で、直系卑属は何代でも代襲することができますが、兄弟姉妹の場合は、甥と姪までです。

遺産分割中に、相続人が亡くなった場合は、その亡くなった方の相続人が相続することになります。

くわしいことは沖縄弁護士会にご相談ください。

footerpic01

沖縄の相続に関するご相談は沖縄弁護士会へ

平日 午前9時〜午後5時 ※秘密厳守します。

インターネットでの予約はひまわり相談ネットへ。

 - 相続の開始

「おきなわ相続119番」は沖縄弁護士会が運営しています。