沖縄の相続に関する相談と弁護士のアドバイスを集めたサイト

  • ご相談は沖縄弁護士会まで
  • 平日 午前9時〜午後5時

「おきなわ相続119番」は沖縄弁護士会が運営しています。

*

遺産かどうかがはっきりしなくて争ってるときは?

      2017/01/09

父が亡くなり兄弟で遺産分割の話し合いをしています。長男が住んでいる家は未登記です。父は生前、長男の住む家は父がお金を出して建てたと言っていました。父がお金を出して建てた家であれば、遺産に含まれるはずですが、長男は自分がお金を出して建てた家だと言って遺産には含まれないと主張しています。このように遺産かどうか争いがあるときはどのように決着をつけるのですか?

遺産分割は亡くなった被相続人の財産を相続人間で分配する手続ですので、被相続人の財産でないものは遺産分割の対象となりません。相続人間で遺産に含める・含めないとの協議が整えば問題ありませんが、双方が譲らない場合は問題となります。

この場合は、遺産分割をする前提として、遺産に含まれるか否か決着をつけなければなりません。この問題を解決させるためには、地方裁判所の裁判手続で解決させる必要があります(「遺産確認訴訟」)。家庭裁判所の調停や審判で決めてくれるわけではありませんから注意が必要です。

遺産分割の調停を申し立てる前、あるいは調停途中に別途民事裁判を提起する必要があります。民事裁判では、証拠に基づき裁判官が判断することになります。その財産を取得した経緯、取得に要した費用の負担を誰がしたのか、利用状況、経費(固定資産税など)の負担、当事者・第三者の認識などを元に誰の財産かを確定させることになります。

くわしいことは沖縄弁護士会にご相談ください。

footerpic01

沖縄の相続に関するご相談は沖縄弁護士会へ

平日 午前9時〜午後5時 ※秘密厳守します。

インターネットでの予約はひまわり相談ネットへ。

 - 遺産分割

「おきなわ相続119番」は沖縄弁護士会が運営しています。