沖縄の相続に関する相談と弁護士のアドバイスを集めたサイト

  • ご相談は沖縄弁護士会まで
  • 平日 午前9時〜午後5時

「おきなわ相続119番」は沖縄弁護士会が運営しています。

*

お金に困っていないので相続放棄したい

      2017/01/09

先日、私の父が亡くなりました。このままだと私と母と2人の弟が、父の財産を相続することになるのですが、私はお金に困っていないので、相続放棄をしたいと考えています。

そこで、相続人が複数いて、私だけ相続放棄をすると、私の放棄した分の財産はどうなるのでしょうか。また、相続放棄は、いつまでに、どのようにすればいいのでしょうか。

あなたのみが相続放棄をすると、相続放棄をしなければ相続するはずだった財産や借金を、残りの相続人が、法定相続分の割合にしたがって、相続することになります(相続人全員の合意により異なる割合にすることも可能です)。

例をあげると、あなたの家族構成(母と子3人)の場合、父の遺産が1200万円なら、あなたの法定相続分は6分の1ですから、あなたが相続するはずだった200万円の半分の100万円を母が相続し、2人の弟が50万円ずつ相続することになります。

次に、相続放棄は、自己のために相続開始があったことを知った日から3か月以内に、亡くなった人の住所地の家庭裁判所へ申告することが必要です。

なお、財産と借金の調査に時間を要するため、3か月以内に相続すべきか、相続放棄をすべきか判断できないときは、家庭裁判所に「相続の承認又は放棄の期間伸長の申立て」をすることによって、3か月という期間が伸長される場合があります。この申立ては、申し立てた者のみ伸長され、他の相続人は伸長されないので注意が必要です。

くわしいことは沖縄弁護士会にご相談ください。

footerpic01

沖縄の相続に関するご相談は沖縄弁護士会へ

平日 午前9時〜午後5時 ※秘密厳守します。

インターネットでの予約はひまわり相談ネットへ。

 - 相続放棄

「おきなわ相続119番」は沖縄弁護士会が運営しています。