沖縄の相続に関する相談と弁護士のアドバイスを集めたサイト

  • ご相談は沖縄弁護士会まで
  • 平日 午前9時〜午後5時

「おきなわ相続119番」は沖縄弁護士会が運営しています。

*

遺言書を書いた方がいいのか?

      2017/01/09

私が亡くなったら、私の財産は、妻と子が相続することになると聞きました。私としては、私が亡くなったら、妻と子だけでなく、私の介護を一生懸命やってくれた介護ヘルパーのAさんにも、私の財産の一部を相続してもらいたいと考えています。そのためには、遺言書を書いたらいいと聞いたことがありまずが、遺言書を書いたほうがいいのでしょうか。

また、私が亡くなった後、私の家族が遺言書を発見した場合、遺言書を開封してもいいのでしょうか。遺言書をどこかに提出するのでしょうか。

遺言書を書かなかった場合、自分の財産の一部を介護ヘルパーのAさんに相続させたいと思い、そのことを家族に話していても、財産は法律で定められた者が、法律で定められた割合で、相続することになってしまい、Aさんに財産が渡る可能性が低いです。

そこで、あなたがAさんにも財産の一部を相続してもらいたいと考えているのなら、何をAさんに相続させるのか、または、遺産の何割をAさんを相続させるのかを遺言書に書いておくと、Aさんにも相続してもらうことができます。

ただ、遺言書を書いても、Aさんを含む相続人全員の合意があれば、遺言書と異なる内容で相続することができます。

次に、家族の方が遺言書を発見しても開封してはいけません。遺言書を家庭裁判所に持参して「検認」の手続きをしなければなりません(ただし、公正証書遺言の場合は不要)。また、遺言書を偽造したり、隠匿した人は、それが発覚した場合に、相続人になれませんので注意して下さい。

くわしいことは沖縄弁護士会にご相談ください。

footerpic01

沖縄の相続に関するご相談は沖縄弁護士会へ

平日 午前9時〜午後5時 ※秘密厳守します。

インターネットでの予約はひまわり相談ネットへ。

 - 遺言

「おきなわ相続119番」は沖縄弁護士会が運営しています。