沖縄の相続に関する相談と弁護士のアドバイスを集めたサイト

  • ご相談は沖縄弁護士会まで
  • 電話による予約受付時間:平日午前10時から午後3時

「おきなわ相続119番」は沖縄弁護士会が運営しています。

*

遺言ついて何が変わったのか

   

遺言について法律が改正されたと聞きました。どのような点が改正されたのでしょうか。

A:自分で遺言書を作りやすくなります。

1 自筆証書遺言の作成方式の緩和
これまで自分で遺言書を作る場合(「自筆証書遺言」といいます)は,全文を自筆で書く必要がありました。財産がたくさんある場合は,その財産の目録を全部自筆で書く必要がありました。不動産や銀行口座がたくさんある場合だと,これらを全部自筆で書くのはとても大変でした。
そこで,今回の法改正により,自筆証書遺言に添付する財産の目録をパソコンで作成したり,不動産の登記事項証明書や通帳のコピーなどを添付したりできるようになりました(民法968条)。
もっとも,遺言書の本体部分については,依然として自筆で書く必要があります。それでも,遺言書を作成する手間がかなり省けるようになりました。この改正については,すでに2019(平成31)年1月13日からスタートしています。

2 自筆証書遺言の保管制度の創設
また,今後,作成した自筆証書遺言を法務局で保管してもらえる制度が始まる予定です。これまでは,自筆証書遺言は,封印をして自分で保管をしておく必要がありました。さらに,開封する際は,家庭裁判所で「検認」という手続きを取る必要がありました。公正証書遺言は,公証役場で保管してもらえるのに比べると,自筆証書遺言は,公的機関に保管してもらうことができなかったので,紛失や改ざんの危険がありました。
しかし,今後は,自筆証書遺言についても,公的機関に保管してもらえるようになり,紛失や改ざんの危険がほとんどなくなります。家庭裁判所での「検認」も不要になります。この点でも,今後,自筆証書遺言を作るメリットが大きくなります。

この保管制度については,2020(令和2)年7月10日からスタートしました。

footerpic01

沖縄の相続に関するご相談は沖縄弁護士会へ

電話による予約受付時間:平日午前10時から午後3時
※秘密厳守します。

インターネットでの予約はひまわり相談ネットへ。

 - 相続法改正について

「おきなわ相続119番」は沖縄弁護士会が運営しています。