沖縄の相続に関する相談と弁護士のアドバイスを集めたサイト

  • ご相談は沖縄弁護士会まで
  • 平日 午前9時〜午後5時

「おきなわ相続119番」は沖縄弁護士会が運営しています。

*

母のために貢献した叔母は、何ももらえないの?

   

先日、母が亡くなったのですが、生前、母の妹(私の叔母)が母を献身的に介護してくれていました。その後、きょうだいで遺産分割について話し合いをしていたところ、叔母から、「介護のために多くの時間とお金を使ったので、少しでもいいので遺産を分けてほしい」と言われました。私は構わないと思っているのですが、他のきょうだいは反対しています。叔母は遺産を分けてもらう権利があるのでしょうか。(相続人以外の貢献(特別の寄与)(新民法1050条))


亡くなられた方(被相続人)の療養介護等に務めるなどして特別の寄与をした相続人は,遺産分割手続きにおいて,寄与分を求める申立てをすることにより,他の共同相続人に対し,寄与分を主張することができます。しかし,この寄与分が認められるのは相続人に限定されており,相続人でない方は対象ではありません。
被相続人に子がいる場合には,通常,被相続人の子が相続人となりますので,被相続人のごきょうだいは相続人にはなりません。そのため,本件のケースでは,お母さんの妹である叔母さんは,お母さんの相続人ではないため,寄与分は認められないことになります。
しかし,相続人ではなくても,被相続人の療養看護等に務めた方については,その貢献に報いることが実質的な公平といえます。
そこで,法律が改正され,特別の寄与という制度が新たに設けられました。
この制度は,被相続人の親族が,療養看護等をしたり無償で事業を手伝ったりする等,被相続人に対して無償の労務提供をした場合には,その親族は,相続の開始後,相続人に対して,金銭の支払を求めることができるというものです。特別の寄与の対象となり得る親族は,相続人を除く6親等内の血族と3親等内の姻族です。
本件のケースですと,お母さんの妹である叔母さんは親族に含まれます。そして,生前,無償でお母さんの介護をしていたとのことですので,特別の寄与が認められる可能性があります。その場合には,あなたやあなたのきょうだいを含め,相続人は,特別の寄与者である叔母さんに対し,金銭を支払わなければなりません。
叔母さんに支払う金額は,一次的には,あなた方相続人と叔母さんが協議して決めることになりますが,協議が調わないときは,叔母さんの申立てにより,家庭裁判所において,協議にかわる処分がなされることもあります。その場合には,寄与の時期や方法,程度,相続財産の額その他の事情を考慮して,家庭裁判所が金額を決定します。
なお,この制度は,2019(令和元年)年7月1日からスタートしています。これより前に亡くなられた方の相続の場合には改正前の法律が適用されますのでご注意ください。

以上

footerpic01

沖縄の相続に関するご相談は沖縄弁護士会へ

平日 午前9時〜午後5時 ※秘密厳守します。

インターネットでの予約はひまわり相談ネットへ。

 - 相続法改正について

「おきなわ相続119番」は沖縄弁護士会が運営しています。