沖縄の相続に関する相談と弁護士のアドバイスを集めたサイト

  • ご相談は沖縄弁護士会まで
  • 平日 午前9時〜午後5時

「おきなわ相続119番」は沖縄弁護士会が運営しています。

*

夫が亡くなって1年後に借金があることがわかった!

   

夫が1年前に亡くなりました。夫には不動産や預貯金の財産もほとんどなく,特に相続についての手続もしていなかったのですが,つい最近になって夫が多額の借金をしていることがわかりました。とても払える額ではありません。今からでも夫の相続を放棄することはできるのでしょうか?

A 結論を先に述べますと、今からでも夫の相続を放棄することが可能な場合があります。
  相続の放棄について民法915条は「相続人は、自己のために相続の開始があったことを知った時から三箇月以内に、相続について、単純若しくは限定の承認又は放棄をしなければならない。」と定めています。そして、相続の放棄または限定承認手続きは家庭裁判所において所定の手続きを行うことで手続き可能です。
そのため、自己のために相続の開始があったことを知った時から3か月以内(この相続放棄をするか、限定承認をするか、単純に相続をするかを検討できる期間を「熟慮期間」といいます)に家庭裁判所において相続放棄の手続きまたは限定承認の手続きをしない場合には、単純に相続したこととみなされます(民法921条2号)。なお、この熟慮期間は家庭裁判所の許可を得て伸長することができます(民法915条1項但し書き)。
この「自己のために相続の開始があったことを知った時」とは通常は、被相続人が死亡したときと同じ時期ですが、最高裁判所は「熟慮期間は原則として相続人が前記の各事実《相続開始原因たる事実及びこれにより自己が法律上相続人となった事実》を知った時から起算すべきものであるが、相続人が、右各事実を知った場合であっても、右各事実を知った時から3か月以内に限定承認又は相続放棄をしなかったのが、被相続人に相続財産が全く存在しないと信じたためであり、かつ、被相続人の生活歴、被相続人と相続人との間の交際状態その他諸般の状況からみて当該相続人に対し相続財産の有無の調査を期待することが著しく困難な事情があって、相続人において右のように信ずるについて相当な理由があると認められるときには、相続人が前記の各事実を知った時から熟慮期間を起算すべきであるとすることは相当でないものというべきであり、熟慮期間は相続人が相続財産の全部又は一部の存在を認識した時又は通常これを認識しうべき時から起算すべきものと解するのが相当である」(最高裁昭和59年4月27日)と判断をしています。
ご質問の事例の場合には、夫が亡くなられてから1年を過ぎていますので熟慮期間は過ぎています。しかしながら、亡くなられた夫には不動産や預貯金の財産もほとんどなかったとのことですので、ご質問者様がそのように信じる相当な理由があると裁判所が判断できる場合には熟慮期間を過ぎても夫の相続を放棄することが可能な場合があります。もっとも、そのような理由があるかどうかについては専門的な判断を要するので、速やかに弁護士にご相談されることをお勧めします。

footerpic01

沖縄の相続に関するご相談は沖縄弁護士会へ

平日 午前9時〜午後5時 ※秘密厳守します。

インターネットでの予約はひまわり相談ネットへ。

 - 相続放棄

「おきなわ相続119番」は沖縄弁護士会が運営しています。